和婚の特徴とは?和婚の良いところやメリットを初心者にもわかりやすく紹介

当サイトは和婚の特徴について、さらには良いところやメリットを初心者にもわかりやすくご紹介しています。
和風の結婚式をしたいと考えているのであればぜひ参考にしてみてください。
日本の伝統を体験できるのが和風の結婚式の良いところです。
日本人らしさを実感しつつ、大切な人たちに祝ってもらうことができるでしょう。
また和風の結婚式は非日常感が強い挙式スタイルともいえます。
日常を離れた特別な体験が出来る可能性があるのでおすすめです。

和婚の特徴とは?和婚の良いところやメリットを初心者にもわかりやすく紹介

古式ゆかしいスタイルで、日本らしくウェディングをおこないたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
そういう場合には和婚を選ぶのが最適です。
和婚の良さをご紹介すると、まず和装の婚礼衣装を着ることができ、新郎は凛々しく新婦は美しく見せることができることが挙げられます。
またウェディングドレスに比べると安い料金で着られるのも和装のメリットです。
さらに家の結びつきを重視するのが和婚の特徴なので、家族の絆を感じることができるのも和婚の良いところです。

和婚の費用相場は教会式よりも安い

挙式を神社で行ってから料亭などで食事会をする和婚は、高級感のある落ち着いた雰囲気が感じられることが大きな魅力です。
多くの方は神社や和風の高級料亭と聞くとお金がかかるようなイメージを抱くかもしれませんが、和婚は洋風の教会式と比べると費用を安くすることができるという特徴があります。
トータルの費用は挙式や食事会の会場によって大きく異なりますが、一般的に結婚式のために神社に支払いをする初穂料の相場は3~5万円です。
これは、ブライダル会社が所有する教会風の式場の利用料金(30万円前後)よりも安いです。
挙式後の食事会についても、料亭で日本料理のコースを選んでも1人あたり1万円前後です。
教会式の後にホテルなどで披露宴パーティーを行う場合の予算ですが、出席者1人あたり2万円くらいが相場です。
ちなみにその他の出費(衣装代・写真・車代など)は同じなので、和婚を選択することでトータルで負担する結婚式のコストを抑えることができるでしょう。

和婚では神社で挙式を行った後に披露宴会場に移動するのが一般的な流れ

日本古来からの伝統的な文化の趣きが伝わってくるウェディングをしたいという場合に適しているのが和婚ですが、このような和風の結婚式はどのような流れになっているのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
和風の結婚式である和婚でもキリスト教式のウェディングと同様に、挙式と披露宴をするのが一般的です。
和風の挙式には主に神前式や仏前式が考えられますが、中でも一般的なのは神社の神殿で挙式をする神前式です。
神前式は町なかや観光地にあるところや、専門式場・ホテルなどに作られた神殿でも行われています。
これらの神殿で挙式をした後は、一同で披露宴会場に移動して披露宴をするという流れになっていることが多いです。
和婚の披露宴の会場は神社に併設されている会館を利用することもあれば、ホテルや専門式場の披露宴会場が選ばれることもあります。
挙式会場と披露宴会場の距離が近いと、スムーズに移動しやすいため便利です。

和婚の演出は日本らしいものが人気

和婚の演出を決める際は、日本らしさにこだわることが重要になります。
BGMを生演奏にする場合はピアノやギターを使用せずに、和楽器で落ち着いた雰囲気を醸し出すようにしましょう。
各テーブルを回るキャンドルサービスはありませんし、ウエディングケーキに入刀するセレモニーもありません。
つまり和婚にサプライズの要素は、あまり必要ないのです。
どうしてもユーモアを取り入れたいなら、ファーストバイトと称してケーキの代わりに白米を新郎新婦でお互いに食べさせ合ってもいいかもしれません。
キリスト教式で定番となっている両親への花束贈呈のシーンでは、花束の代りに米俵を渡せば、場の空気が和むことでしょう。
和婚ではゆっくりとした動作が多いため参列者は、何かと退屈しがちです。
だからこそ和のテイストを損なわずに、参列者を飽きさせないようにすることが大事になります。
式場のスタッフからプログラムの進め方に関するアドバイスをもらいながら、和婚のコンセプトに合った日本らしい演出を組み立ていくようにしましょう。

和婚だと美しい着物を着られるのが魅力

日本らしく美しい和風のウェディングを希望するカップルも多いのではないでしょうか。
そのようなときには、着物の美しさも実感することのできる和婚がおすすめです。
男性は五つ紋付の羽織袴を着用するのが正装となり、白の足袋と草履を履くのが特徴です。
羽織袴は黒以外にグレーや白もあり、好みに合わせて選ぶことができます。
和婚の場合、女性はいくつかの選択肢がありその1つに挙げられる衣装は白無垢です。
最も格式の高い衣装と呼ばれているのがこの白無垢で打掛もその下の着物も全て白い色で統一、そして頭には綿帽子をかぶります。
その他には和婚の新婦は色打ち掛けという美しい衣装も選ぶことが可能です。
日本の伝統的な武家の女性に伝わる礼装で、様々な色のものがあります。
色打ち掛けの場合には頭には角隠しを被るのが習わしです。
どちらも婚礼向けの女性の式服で、角隠しや綿帽子などを合わせたこれらの衣装は結婚式にしか着る機会がないのが一般的です。

和婚は親世代や年配者が喜んでくれる

大切なゲストを招待して夫婦となる人との一生に一度の結婚式をするのなら、それに相応しいものを目指したいものですが自分たちだけでなく両親やゲストも感動させたいと考えている人もいるのではないでしょうか。そのようなときには親世代やそれ以上の世代の人たちが喜ぶ可能性が高い和婚を選ぶのも良いかも知れません。
若い世代の人たちにとっては、着物を着ておこなう結婚式は物珍しく新鮮な印象を感じることが多く人気を集めています。一方、親世代や年配の人にとっては馴染みがあるスタイルのため、懐かしさや安心感を持つことも考えられます。趣きある和装や厳かで美しい雰囲気、新郎新婦の奥ゆかしさに心を動かされることも少なくありません。また和婚は家と家とのつながりを重視した結婚式で、参列した人たちの一体感もある挙式です。そのような点も、家から独立していく子どもを安心して送り出せることに繋がる可能性があります。迷ったときには和婚を選ぶのもお勧めです。

オシャレでスタイリッシュな和婚も増えている

和婚というものをご存知でしょうか。以前は神前結婚式などと呼ばれていたものです。1980年代から1990年代までは、教会でおこなう洋装の式が高い人気を誇っており、年間で約90パーセントの方が洋装の式をなされていました。ところが2000年以降になると、文欽高島田と羽織袴姿の和婚が人気とあり、そのパーセンテージは大きく逆転をしたほどです。またオシャレな和婚も増加傾向で、なかには花魁や侍のコスチュームに身を纏った結婚式もあるほどです。
簡単に和婚はどこで申し込みをおこなるのかをレクチャーしていきます。ブライダル会社を頼るのが基本となり、このときに和風の挙式をしたい旨をスタッフに伝えます。神社か寺院を提案されるため、新郎新婦の希望する場所を申し出ます。オシャレなものを希望されるときは、あらかじめ新婦または新郎と打ち合わせをおこない、本番当日に見に纏う衣装のオーダーをしておくこともおすすめです。持ち込みも可能で、より満足できるものとなるでしょう。

和婚では人力車に乗って登場することも可能

インターネットが発展をした現代の結婚式では、SNS映えするかどうかも意識することが増えました。そこで注目なのが登場方法、和婚ではなんと人力車に乗って登場することも可能です。
今の時代の乗り物といえば、自動車や電車にバスに飛行機などですが、結婚式で登場をするときに和婚であれば、和風を意識した種類を検討したくなります。まだ自動車が一般的ではなかった時代、人間がタイヤの付いた乗り物を引いて街中を走っていました。今なら京都などの旅行で楽しんだり、浅草などの下町で試しに利用するなど、さほど出会う機会も使うことも多くはありません。だからこそインパクトは大きく、そこに和装の新郎新婦が乗車して出てくるのですから、ゲストたちも楽しめること請け合いです。演出的に写真映えするのはもちろんですし、誰からも注目を集めることになります。和婚の演出方法として、人力車の利用は抜群のフォトジェニック効果を発揮するはずです。新郎新婦だけではなく、ゲストたちの印象にも残り続けます。

和婚の披露宴では鏡開きや餅つきが人気

結婚式と言っても様々なスタイルがありますが、やはり日本の伝統を感じることのできる和婚は以前から多くの人が選んでいるといいます。
和の雰囲気は格式も高く感じられ、落ち着きもあるので年配の招待客や親族たちにも好評なのだそうです。そして若い人たちにはレトロな雰囲気が新鮮に感じられるようです。
和婚というと神社で白無垢や色打掛などの着物を着て行うイメージがありますが、最近はホテルの式場の飾りつけを和風にしたり、和柄のドレスを着たりするという人も増えているようです。また結婚式を盛り上げるイベントの一つである披露宴では、和風の演出として鏡開きや餅つきを行うのも人気が高いといいます。鏡開きや餅つきは昔から日本のおめでたい席で行う定番の演出として多くの人に親しみがあるので、結婚式のような祝いの場にも適しているといえます。
にぎやかでおめでたい演出は眺めているだけでも楽しいと感じるものです。子どもから年配の招待客まで、みんなが喜んでくれるでしょう。

和婚と日本料理のフルコースの相性は抜群

和装で行う結婚式つまり和婚は、西洋式の多い現在、特別な魅力を放っています。白無垢と色打掛、引き振袖の3種類は、日本人でも目にする機会が少ないため衣装を眺めるのも趣があります。
和風の魅力をふんだんに散りばめられる和婚には、日本料理が合います。一般的には旬の食材を使うことと素材の味をいかすこと、客をもてなすことをテーマとしていることが多いです。魚や野菜が旬の食材として扱われ、縁起のいい鯛がメインとなるのをよく目にします。一方の肉は常に人気があるため国産のブランド肉が好んで使用されます。
日本料理は素材の味をいかすことを大切にしているので、シンプルな味付けが多いです。フランス料理のように材料を当てるのが難しいほど、複雑な加工をすることはありません。盛り付けられた皿を見て、すぐに材料がわかるものがほとんどです。
おもてなしの精神は結婚式の料理に限ったものでなく、日本の料理全体に及んでいます。食べやすい盛り付けや器の彩りなどからも感じ取ることが可能です。

和婚は親世代や年配者が喜んでくれる

大切なゲストを招待して夫婦となる人との一生に一度の結婚式をするのなら、それに相応しいものを目指したいものですが自分たちだけでなく両親やゲストも感動させたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときには親世代やそれ以上の世代の人たちが喜ぶ可能性が高い和婚を選ぶのも良いかも知れません。
若い世代の人たちにとっては、着物を着ておこなう結婚式は物珍しく新鮮な印象を感じることが多く人気を集めています。
一方、親世代や年配の人にとっては馴染みがあるスタイルのため、懐かしさや安心感を持つことも考えられます。
趣きある和装や厳かで美しい雰囲気、新郎新婦の奥ゆかしさに心を動かされることも少なくありません。
また和婚は家と家とのつながりを重視した結婚式で、参列した人たちの一体感もある挙式です。
そのような点も、家から独立していく子どもを安心して送り出せることに繋がる可能性があります。
迷ったときには和婚を選ぶのもお勧めです。

オシャレでスタイリッシュな和婚も増えている

和婚というものをご存知でしょうか。以前は神前結婚式などと呼ばれていたものです。
1980年代から1990年代までは、教会でおこなう洋装の式が高い人気を誇っており、年間で約90パーセントの方が洋装の式をなされていました。
ところが2000年以降になると、文欽高島田と羽織袴姿の和婚が人気とあり、そのパーセンテージは大きく逆転をしたほどです。
またオシャレな和婚も増加傾向で、なかには花魁や侍のコスチュームに身を纏った結婚式もあるほどです。
簡単に和婚はどこで申し込みをおこなるのかをレクチャーしていきます。
ブライダル会社を頼るのが基本となり、このときに和風の挙式をしたい旨をスタッフに伝えます。
神社か寺院を提案されるため、新郎新婦の希望する場所を申し出ます。
オシャレなものを希望されるときは、あらかじめ新婦または新郎と打ち合わせをおこない、本番当日に見に纏う衣装のオーダーをしておくこともおすすめです。
持ち込みも可能で、より満足できるものとなるでしょう。

和婚では人力車に乗って登場することも可能

インターネットが発展をした現代の結婚式では、SNS映えするかどうかも意識することが増えました。
そこで注目なのが登場方法、和婚ではなんと人力車に乗って登場することも可能です。
今の時代の乗り物といえば、自動車や電車にバスに飛行機などですが、結婚式で登場をするときに和婚であれば、和風を意識した種類を検討したくなります。
まだ自動車が一般的ではなかった時代、人間がタイヤの付いた乗り物を引いて街中を走っていました。
今なら京都などの旅行で楽しんだり、浅草などの下町で試しに利用するなど、さほど出会う機会も使うことも多くはありません。
だからこそインパクトは大きく、そこに和装の新郎新婦が乗車して出てくるのですから、ゲストたちも楽しめること請け合いです。
演出的に写真映えするのはもちろんですし、誰からも注目を集めることになります。
和婚の演出方法として、人力車の利用は抜群のフォトジェニック効果を発揮するはずです。
新郎新婦だけではなく、ゲストたちの印象にも残り続けます。

和婚の披露宴では鏡開きや餅つきが人気

結婚式と言っても様々なスタイルがありますが、やはり日本の伝統を感じることのできる和婚は以前から多くの人が選んでいるといいます。
和の雰囲気は格式も高く感じられ、落ち着きもあるので年配の招待客や親族たちにも好評なのだそうです。
そして若い人たちにはレトロな雰囲気が新鮮に感じられるようです。
和婚というと神社で白無垢や色打掛などの着物を着て行うイメージがありますが、最近はホテルの式場の飾りつけを和風にしたり、和柄のドレスを着たりするという人も増えているようです。
また結婚式を盛り上げるイベントの一つである披露宴では、和風の演出として鏡開きや餅つきを行うのも人気が高いといいます。
鏡開きや餅つきは昔から日本のおめでたい席で行う定番の演出として多くの人に親しみがあるので、結婚式のような祝いの場にも適しているといえます。
にぎやかでおめでたい演出は眺めているだけでも楽しいと感じるものです。子どもから年配の招待客まで、みんなが喜んでくれるでしょう。

和婚と日本料理のフルコースの相性は抜群

和装で行う結婚式つまり和婚は、西洋式の多い現在、特別な魅力を放っています。
白無垢と色打掛、引き振袖の3種類は、日本人でも目にする機会が少ないため衣装を眺めるのも趣があります。
和風の魅力をふんだんに散りばめられる和婚には、日本料理が合います。
一般的には旬の食材を使うことと素材の味をいかすこと、客をもてなすことをテーマとしていることが多いです。
魚や野菜が旬の食材として扱われ、縁起のいい鯛がメインとなるのをよく目にします。
一方の肉は常に人気があるため国産のブランド肉が好んで使用されます。
日本料理は素材の味をいかすことを大切にしているので、シンプルな味付けが多いです。
フランス料理のように材料を当てるのが難しいほど、複雑な加工をすることはありません。
盛り付けられた皿を見て、すぐに材料がわかるものがほとんどです。
おもてなしの精神は結婚式の料理に限ったものでなく、日本の料理全体に及んでいます。
食べやすい盛り付けや器の彩りなどからも感じ取ることが可能です。

親族が集う和婚式で忘れてはならないエチケット

和婚とは日本の伝統的な結婚式であり、格式高い儀式を大切にする美しい風習が特徴です。
このような場において親族が果たす役割は非常に大きく、すべての参列者が忘れてはならないエチケットが存在します。
まず和婚において親族は、結納や式前の挨拶回りといった重要な事前準備に関わることが多いです。
これらの儀式は二人の結びつきを社会的に示すものであり、厳粛な心持ちで臨むことが求められます。
結婚式本番においても、親族は式の進行に深く関与し、新郎新婦をサポートする立場にあります。
例えば、親族が揃って新郎新婦の入場を見送る場面や祝辞を述べる場面などが挙げられます。
また、和婚式特有の装束を着こなすことも親族のエチケットとされ、伝統に敬意を払った服装が求められます。
これらの服装は事前に専門の着付け師によって準備されることも多く、その際には適切な礼を尽くすべきです。
和婚においては食事も大変重要であり、慎重なマナーが要求される場面が多数存在します。
たとえば、食事の際には箸の使い方に注意を払い、食事中の会話も節度をもって行う必要があります。
こうした細やかな配慮が和婚における親族の役割を果たし、新郎新婦の門出を祝う上で欠かせない要素となります。
和婚はただの結婚式ではなく、先祖から受け継がれた文化を未来につなげる重要なイベントです。
親族一人一人が、この美しい伝統を尊重し、これを一生の記憶に残る特別な日とするためには、心からの準備と真摯な態度が不可欠と言えるでしょう。

伝統と現代が融合する和婚のスタイルに最適な黒衣装

日本のウェディングシーンにおいて、和婚はその美意識と格式の高さで多くの人々を魅了しています。
近年では、伝統的な白無垢だけでなく、黒衣装を選ぶカップルも増えてきており、現代の和婚に黒衣装は新たな風をもたらしていると言えるでしょう。
黒衣装は、シックで落ち着いた印象を与えつつも、金や銀などの刺繍が施されていることで高貴な雰囲気を演出します。
また、色打掛と組み合わせることで、カラフルな装いの中にも、威厳を感じさせるスタイルを作ることができます。
黒衣装を選ぶ際には、小物選びにもこだわりたいものです。 和婚にふさわしい繊細なヘアアクセサリーや、和装に合うモダンなバッグをプラスすることで、トータルコーディネートの完成度をより高めることができます。
さらに、黒衣装は男女を問わず着用可能であり、新郎新婦がペアで黒い装いをすることで、統一感のある美しい和婚を実現することも夢ではありません。
写真映えもするため、結婚式後のアルバムを見返すたびに、優雅で格調高い和婚を思い出すことができるでしょう。
現代を生きる私たちにとって和婚は、時代を超えた美を表現する機会となり、黒衣装を取り入れることはそのスタイルをより一層際立たせる選択肢の一つです。
伝統を大切にしながらも、自分たちらしいウェディングを追求するカップルにとって、黒衣装はその理想を叶える力強いサポーターとなってくれるはずです。

結婚式で人気の和婚スタイルと白衣装の魅力

和婚は日本の伝統的な結婚式スタイルであり、そのシンプルながら優美な白衣装は多くの人々を魅了しています。
結婚する二人が和装で誓いを交わす姿は、温かみがあり親族やゲストにも感動を与えます。
和婚では新郎新婦がそれぞれ白無垢や黒紋付といった装いで結ばれ、これらの衣装からは日本古来の美意識が伝わってきます。
特に白無垢は純粋無垢な姿を象徴する白衣装で、花嫁の清らかな美しさを際立たせることができます。
結婚式の場では、和婚ならではの儀式が行われることも特色の一つです。 例えば、神前式では神様に結びつく儀式が重んじられますし、仏前式では仏様の前で二人の結びつきを深めるといった精神性の高いプロセスがあります。
和婚には洋婚にはない独特の風情があり、白衣装を身に纏った花嫁は時に幻想的な雰囲気を漂わせることも。
そうした美しさは写真映えもするため、結婚式の後に残るアルバムや写真は格別です。 また日本の四季を感じさせるロケーションでの和婚は、一生の思い出として新郎新婦だけでなく、参列者の心にも長く残るでしょう。
日本の伝統美を現代に伝える和婚は、今後も多くのカップルに選ばれ続けることでしょう。
結婚式の一大イベントとして、和婚は日本ならではの上品な美を提供し、白衣装の花嫁はその中心にいるのです。

観光地での和婚を特集するロマンティックガイド

和婚という言葉は日本の伝統的な結婚式のスタイルを指し現代においてもその美しさと格式が多くの人々に愛されています。
一方で観光地で結婚式を挙げるデスティネーションウェディングも人気となっており、特に和装に憧れるカップルにとっては文化的な価値が高い観光地は最適な場所と言えるでしょう。
例えば京都の清水寺をはじめとした由緒ある神社仏閣では、日本独特の美意識を感じさせる挙式が行われています。
伝統的な和装や装飾、そして日本庭園などの自然美を背景にした写真は絶景であり、多くの夫婦の新たな門出を華やかに彩るのです。
和婚を挙げる際には、着物選びや式次第、食事の内容に至るまで細部に渡るこだわりが必要とされますが、それらを支援するプランナーやコーディネーターが在籍する結婚式場も多く、安心して当日を迎えることができます。
また観光地の中には新郎新婦の他にゲストも楽しめる魅力が詰まっているため、一緒に旅行を楽しむような気分で結婚式を挙げられることもデスティネーションウェディングの大きな魅力です。
さまざまな地域で様々なスタイルの和婚が可能ですから、夫婦の理想とする結婚式を実現するためにもまずは情報収集を始めてみてはいかがでしょうか。

結婚式の和婚スタイルに彩りを加える舞台演出術

結婚式は人生の重要な節目です。 和婚という選択はその伝統と格式を重んじる素晴らしいスタイルであり、和風の優雅さと穏やかさを感じさせます。
そんな和婚において舞台演出は特別な意味を持ちます。 新郎新婦やゲストが一体となって楽しめる舞台が会場を盛り上げ、感動的な時間を創り出すからです。
演出にはさまざまな工夫が凝らせることが大切で、和の要素を取り入れた照明や音響の設定は和婚ならではの趣を深めます。
また、入場シーンを華やかにするためには伝統的な楽器の生演奏や、新郎新婦が大切にしている曲をバックにした演出も効果的です。
和風挙式に用いられる装飾や和装も演出の一部を担っており、これらは会場全体の雰囲気を高める要素となり得ます。
花嫁の白無垢や色打掛、新郎の羽織袴は和婚の象徴であり、これを生かした舞台演出はより一層の感動を呼びます。
披露宴ではゲストが参加できる演出を取り入れることも大切であり、親族や友人が舞台で一言ずつ語りかける時間を持つと和婚の温かみが際立ちます。
後に残る写真やビデオにも和装の美しさが映り、思い出に色を添えることになるでしょう。
和婚における舞台演出は結婚式を彩るために不可欠な要素であり、新郎新婦だけでなくすべての参加者にとって忘れがたい一日を約束してくれます。

和婚に関する情報サイト
和婚のメリット

当サイトは和婚の特徴について、さらには良いところやメリットを初心者にもわかりやすくご紹介しています。和風の結婚式をしたいと考えているのであればぜひ参考にしてみてください。日本の伝統を体験できるのが和風の結婚式の良いところです。日本人らしさを実感しつつ、大切な人たちに祝ってもらうことができるでしょう。また和風の結婚式は非日常感が強い挙式スタイルともいえます。日常を離れた特別な体験が出来る可能性があるのでおすすめです。

Search